ステンレス角棒(四角・平角)丸棒の種類

SUS304角棒(ステンレス四角・平角)

*サイズによって、コールド、HL、#400、HOT
 スリットホット*No1コイルをスリットカットし、圧延後ショットを施した。
 セミホット*No1コイルをスリットカットし、圧延を施した。
◆ステンレス角棒(四角・平角)サイズ表1 
◆ステンレス角棒(四角・平角)サイズ表2 


サイズによりSUS316,SUS316Lもございます。
 

【表面加工】

■コールド(冷間圧延)やや光沢のある仕上げ
加工工程の残留応力を持っていますので、加工の際は、材料があばれます。
 <あまり、加工をしない部品に適しています>

■HL コールドの表面を長手方向に通し研磨仕上げしたもの
■#400 コールドの表面を鏡面に近い研磨仕上げしたもの
■HOT(熱間圧延後酸洗い)光沢の無い銀白色のつや消し仕上げ
 加工工程の残留応力を殆ど持っていないので、加工の際は、材料が安定しています。
 しかし表面が粗いので、仕上げ加工が余分に必要です。
◆サイズによりご用意できるものが異なります。

●熱間圧延フラットバー  高温に加熱してから圧延し、ショット酸洗を施したフラットバー。
●冷間圧延フラットバー 加熱せず圧延し、ショット酸洗を施したフラットバー。

株式会社 岩崎商店
電話06-6761-5195  FAX06-6762-2078 
お問い合わせホーム
メール:info@stain-shop.com


SUS304HL・ラウンドフラットバー

 *厚み3.0mm=1.5R
 *厚み6.0mm=3R
 *厚み9.0mm=4.5R
◆ステンレスSUS304HL・ラウンドフラットバーサイズ表


株式会社 岩崎商店
電話06-6761-5195  FAX06-6762-2078 
お問い合わせホーム
メール:info@stain-shop.com

SUS304・SUS303・SUS316ステンレス丸棒

◆ステンレスSUS304丸棒・サイズ表


ピーリング(PM)

 拡大熱間圧延後、表面の黒皮を切削した光沢のある仕上げです。
 流通量も多く一般的に幅広く使用されています。
 一般的にプラス公差(-0)でつくられています。

外径許容差基準表
外径サイズ 寸法許容差
10mm超え
25mm以下
+0.15、-0
25mm超え
80mm以下
+0.25、-0
80mm超え
125mm以下
+0.50、-0
125mm超え
150mm以下
+1.0、-0
150mm超え
400mm以下
+2.0、-1

引抜き(CD・ミガキ)

 拡大冷間引抜(コールド ドロー)の略称です。
 ダイスを通して冷間引抜加工したもので、表面は光沢があり、ピーリングや酸洗よりも寸法精度が良好です。
 一般的に許容公差はh9級です。

外径許容差基準表
外径サイズ 寸法許容差
   2~2.5 +0、-0.04
3~3.5 +0、-0.05
4~4.5 +0、-0.06
引抜き・h9 5~6 +0、-0.03
7~10 +0、-0.036
11~18 +0、-0.043
19~25 +0、-0.052
ミガキ・h9 26~30 +0、-0.052
32~50 +0、-0.062
55~80 +0、-0.074
90~100 +0、-0.087

センタレス(研磨(CG)丸棒)

 拡大センターレス(無芯)・グラインディング(研磨)の略称です。
 回転する2つの砥石の間に通して研削を行う研磨法です。
 寸法精度・表面粗度・真円度において引抜品より精度が求められている時に使用します。
 価格面では引抜より高価になります。  一般的に許容公差はh7級です。

外径許容差基準表
外径サイズ 寸法許容差
2~3 +0、-0.010
3.5~6 +0、-0.012
7~10 +0、-0.015
11~18 +0、-0.018
19~30 +0、-0.021
35~50 +0、-0.025
★他にステンレス線を直線にしたものもございます。
 ◆ステンレスSUS304・直線丸棒サイズ表

株式会社 岩崎商店
電話06-6761-5195  FAX06-6762-2078 
お問い合わせホーム
メール:info@stain-shop.com

メインメニュー

板(プレート)

管(パイプ)

角棒・丸棒

型鋼・その他

Copyright © IWASAKI CORP