最新情報



2017年12月2日【最新】

年末年始の営業のお知らせ
12月28日~1月4日まで冬期休暇をいただきます。
期間中、メールとFAXでのお問い合わせは受け付けておりますが、返事は全て1月5日以降となります。
年内のご注文の受付は12月27日の午前中までとさせていただいます。但し、手配及び発送は1月5日以降となります。
年内の発送は12月26日が最終です。大型荷物(2m以上、20kg以上の)は12月22日を最終とさせていただきます。
どちらもお送り先によっては1月5日以降の配達となりますので、ご注文時に必ずご確認ください。
お客様にはご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

2017年1月7日

2017年今年もどうぞよろしくお願い致します。

たくさんの情報の中から当社のHPをご覧いただきありがとうございます。
今年は変革、変動、飛躍と、新たな岩崎商店へと前進できるよう、これからの一年がんばります。
より安心してお客様にご利用いただけるよう今後も努力を惜しまず進んで参ります。
「岩崎商店」だからできることを大切に、これからの一年もどうぞよろしくお願い致します。

株式会社 岩崎商店
 担当:岩崎・石川
電話06-6761-5195  FAX06-6762-2078 
岩崎商店 http://iwasaki1.com/
アルミ専門店 http://www.alumi-shop.com/
ステンレス材料のお店 http://stain-shop.com/

スマホの方はこちらへ 
岩崎商店(銅・黄銅) http://iwasaki1.com/sp/
アルミSHOP http://www.alumi-shop.com/sp/
ステンレス材料のお店 http://stain-shop.com/

2016年6月18日


当社のお客様、「草間喆雄」さまのご紹介

当社でご購入いただきましたステンレス丸棒に色糸を巻きいたもので数々の作品を創り上げていかれます。
初めてみせていただく作品に驚くばかりです。一度ご覧ください。

http://kusama-textile.weebly.com/



2016年2月20日

『SUS310S(耐熱ステンレス)』について簡単にご紹介  オーステナイト系ステンレスの仲間。クロムとニッケルの含有量を増やして耐熱性、耐酸化性を向上させたステンレスです。 耐食性が304ステンレス鋼より優れているSUS309Sよりより優高めた耐熱鋼です。。燃焼装置部品、ボイラー、航空機部品などに使用れることが多いです。。


 
耐熱性は、SUS304<SUS316<SUS309S<SUS310S 耐食性は、SUS304<SUS309S<SUS310S<SUS316当社でご用意できる形状は、板・パイプ・丸棒等です。





●丸棒・ミガキ(寸法公差h9)    3φ~10φ・定尺2m/4mどちらか。切断不可です。

以上、ご参考にしてください。



2016年1月9日


今年も「岩崎商店」をどうぞよろしくお願い致します。




情報が満ち溢れる中で当社のHPをご訪問いただきありがとうございます。
今年は期待を込めて、上昇する一年になることを望んでいます。
他とは違う「岩崎商店」の得意分野を知っていただき、よりたくさんのお客様にご利用いただけるよう日々努力してまいります。

非鉄金属「ステンレス・アルミ・銅・黄銅」材料はあらゆる分野で使用されてます。
企業だけでなく個人の方々にもたくさんご利用いただいてます。
当社は、一つからでも販売・発送しておりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。 

株式会社 岩崎商店

電話06-6761-5195  FAX06-6762-2078 
メール:info@stain-shop.com

◆お問い合わせの際には、お名前・お電話番号・ご住所もお知らせ下さい。
 ご確認できない場合、ご返事ができない場合がございます。

スマホ対応HP
岩崎商店(銅・黄銅) 
http://iwasaki1.com/sp/

アルミ専門店 
http://www.alumi-shop.com/sp/


2015年12月12日
 SUS303について簡単にご説明。
 
SUS304より快削性に優れ加工はしやすいが、耐食性には劣ります。
 耐力N/㎣:205以上 引張強さN/㎣:520以上 伸び%:40以上 硬さHV:200以下


 
SUS303NO1板 厚み4.0mm~
 SUS303丸棒  2φ~
 SUS303六角棒 5mm~
 SUS303HOT角棒 16mm~


 お探しの形状、サイズがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい


2015年11月7日

「チタン」Ti。金属光沢を持つ遷移元素である。チタニウムと呼ばれることもあります。自然界の存在は豊富であるが、さほど高くない集積度や製錬の難しさから、金属として広く用いられる様になったのは比較的最近です。
軽量・高強度・高耐食性を中心としたチタンの特性を生かして、様々な用途に利用されて います。

◆特徴を簡単にまとめました。ご参考にしてください。

 

2015年10月17日

ステンレス製造方法の一つ「圧延」について
当社の取り扱ってる金属素材の製造方法の一つをご紹介致します。
「圧延(あつえん)」について2つあるいは複数のロール(ローラー)を回転させ、その間に金属を通すことによって板・棒・管などの形状に加工する方法です。材料に大きな力を加えて加工する、塑性加工の一種です。
圧延加工される金属の温度によって、熱間圧延(熱延)と冷間圧延(冷延)の2種類に分類されます。

    『熱間圧延』

金属の再結晶温度以上で加工する方法である。熱間加工の一種。
再結晶温度以上の延性が大きい温度範囲で、ロール間に材料を通して板厚を圧下減少させ、所定の形状にする塑性加工。
高温から冷ましながら伸ばしていきます。通常、熱間圧延は、冷間圧延の後に行われることはありません
『冷間圧延』
熱間圧延とは逆に、再結晶温度以下で加工する方法である。冷間加工の一種。
冷間圧延は金属の再結晶温度以下で圧延します。冷間圧延を行うことによって、加工硬化による強さの向上や、良好な表面が得られるなどのメリットが得られます。
冷間圧延鋼板は熱間圧延鋼板と比較して、板厚は薄く、寸法精度が高く、表面性状及び成形性に優れています。
  例:SUS304-2Bは冷間。SUS304-NO1は熱間。表面の仕上がりに違いがあり、ご用意できる厚みが異なります。
*上記は参考資料となります。当社で加工・製造してる訳ではございません。


2015年9月12日

 参考資料*板厚のサイズ公差
JIS G 4305(冷間圧延ステンレス鋼板) 

板厚サイズ公差 (幅1250未満の場合)
厚み 公差
0.3以上 0.6未満 ±0.05
0.6以上 0.8未満 ±0.07
0.8以上 1.0未満 ±0.09
1.0以上 1.25未満 ±0.10
1.25以上 1.6未満 ±0.12
1.6以上 2.0未満 ±0.15
2.0以上 2.5未満 ±0.17
2.5以上 3.15未満 ±0.22
3.15以上 4.0未満 ±0.25
4以上 5.0未満 ±0.35

JIS G 4304(熱間圧延ステンレス鋼板)
板厚サイズ公差 (幅1000以上1250未満の場合)
厚み 公差
3.15以上 4.0未満 ±0.4
4以上 5.0未満 ±0.45
5.0以上 6.0未満 ±0.55
6以上 8.0未満 ±0.65
8.0以上 10未満 ±0.65
10以上 16未満 ±0.7
*サイズ選びの参考にして下さい。
但し、在庫状況によりご用意できるものが異なる場合もございますので
ご注文時には予めご確認ください。


2015年8月12日

ステンレスの熱伝導
 

ステンレスの中でも種類によって熱伝導率は異なります。
簡単に比較してみました。

熱伝導率 W/m・℃ (100℃)      *参考資料より抜粋

SUS309S(13.8)<SUS301・304・310S・316(16.3)<SUS443J1(22.5)<SUS403・410(24.9)<SUS430(26.4)

熱伝導の担い手である金属結晶中の自由電子の動きをクロムやニッケルが邪魔してるため鉄より熱伝導率が劣ります。
また、温度によって変化し高温になれば値は大きくなります。


以上、材料選びの参考にしてください。


2015年7月11日

 
 ★ステンレス材料の耐熱比較
 
参考資料より、簡単に材料比較をしてみました。材料選びの参考にして下さい。但し、形状や数量によっては当社ではご用意できません。
  
  SUS430SUS403・SUS410 〈sus304 〈sus309s 〈sus310s
                


2015年6月13日


一般材と比較しながら、特徴のある材料を簡単にご説明致します。
形状・サイズによってはご用意していないものもございますので参考までにご覧ください。

錆びにくいことが最大の特徴でもあるステンレスですが、通常の環境ではあまり問題になりませんが、使われる環境や使い方によっては、ステンレス鋼も腐食することがあります。
実際にはこの材料が使われる条件というのは、環境条件が厳しく腐食が進みやすい為に他の鋼材が使えないためステンレスが選ばれます。
環境に適した鋼種の選択し、適切な手入れをされながら使用することが大切です。

分類 鋼種 耐力(N/㎣) 引張強さ(N/㎣) 伸び(%) 硬さ(HV)
一般材 SUS304 ≧205 ≧520 ≧35 ≦200
SUS316 ≧205 ≧520 ≧35 ≦200
耐粒界腐食 SUS316L ≧175 ≧480 ≧35 ≦200
高耐食鋼 SUS329J4L ≧450 ≧620 ≧18 ≦320


【SUS304】*一般材。
SUS304(別名18Cr-8Ni、18クロムステンレス)はステンレス鋼材のうち、耐熱鋼として最も広く普及している鋼種の一つです。耐食性、溶接性、機械的性質が良好なことで知られます。

【SUS316】
18Cr-12Ni-2.5Moの組成を持つ材料で、SUS304にモリブデンを加えることで、海水や各種媒質への耐食性を向上させたステンレス鋼材です。耐孔食材料として使われます。海水ポンプ、配管部材、船舶部品、バルブなどに用いられます。

【SUS316L】
SUS316の極低炭素鋼です。性質は、316の耐粒界腐食性を強化したものです。用途は同様に海水をはじめとする耐食性、耐孔食性が必要な場所で使われます。

【SUS329J4L】*二相系ステンレス。オーステナイト組織とフェライト組織が共存したステンレス鋼材 です。磁性がある。
25Cr-6Ni-3Mo-N-低C型の組成を持ったステンレス鋼材で、海水など高濃度塩化物環境において優れた耐孔食性、耐SCC性(耐応力腐食割れ性)があります。海水熱交換器、製塩プラントなどに使われます。


★お探しのものがございましたらまずはお問い合わせください。




 2015年5月9日
 
 ★ステンレス材料の硬度比較
 参考資料より、簡単に材料比較をしてみました。材料選びの参考にして下さい。但し、形状や数量によっては当社ではご用意できません。
  
  硬度:ビッカーズ硬さ(HV)
  SUS440C>SUS630>SUS301>SUS304>SUS430
   
  *但し、SUS301-CSPやSUS304-CSPのバネ材は上記とは異なります。一般材より硬度は高いです。


2015年4月11日

 
  ★ステンレス鋼の耐熱性について簡単にご説明いたします。

一般に、500℃程度までであれば、どのステンレス鋼材であっても引張り強さについてはあまり減衰することもありませんが、これを超えると急に強度が落ちてきます。特にマルテンサイト系、フェライト系は高温下での機械的強度の落ち込みが激しくなります。耐力も引張り強さと同様です。

『オーステナイト系』*代表SUS304(18クロム-8ニッケル)
一般に550℃を超える温度帯域で優れた機械的性質を示しますが、約600℃~980℃以上の長時間加熱すると、常温や低温でのじん性が低下すると言われています。 SUS304にSiを添加して耐酸化性を高めたSUS302Bや、CrとNiの添加量を増やすことでSUS309SやSUS310Sがあります。

『フェライト系』*代表SUS430(18クロム系)
500℃を超えると急に強度が落ちてきます。また高温環境下では脆化現象を起こすこともあり、こうした環境下での構造材料としてはあまり使われない傾向にあります。特に870℃を超えるような環境では非常にもろくなります。

『マルテンサイト系』*代表SUS403・SUS410(13クロム系)
500℃付近まではかなり強い引張強さを示しますが、これを超えると強度が急に低下してきます。添加元素に、モリブデンやバナジウム、タングステン、ニオブなどを入れて高温強度を改善したタイプもあります。

錆びにくく、耐熱、耐薬品、耐食性に優れるステンレスはその特徴ゆえ、多くの産業用途で使われていますが、あらゆる分野に適用できる万能なものはありません。
各々の環境下で性能を発揮する特徴あるステンレスが開発されてきました。
品種ごとの物性や特徴を理解し、使い道によって最適なものを選択してください。


 2015年3月14日

 当社が取り扱う非鉄金属材料の主に、銅・黄銅・アルミ・ステンレスの熱伝導について簡単にご説明いたします。
 熱伝導率とは、ある物質について、熱の伝わりやすさが示された値のことである。一個の物質において温度差がある場合、温度の高い部分から低い部分へと熱の移動現象が生じる。この熱移動の おこりやすさが熱伝導率として表される。

 熱伝導率の値が大きければ大きいほど、移動する熱量は大きく、熱が伝わりやすいことになる。熱伝導率は金属、ガラス、プラスチック、セメント、木質材など、材料の種類と密度によって異な る。
 値が小さいほど断熱性能が高いということになる。

 熱伝導率(単位: W・m-1・K-1)

2015年2月7日

当社が取り扱う非鉄金属の各主材料の主な素材と比較してみました。材料選定の参考にしてください。 
◆物理的性質*多種との比較  
種類 SUS430 SUS304 アルミ合金(A5052P) 銅(C1220P)
密度 (g/cm3) 7.70 7.93 2.68  8.9
比電気抵抗(室温、μΩ̶cm) 60 72 4.9  (O)2.5 (H)1.9
磁性 あり なし なし なし
平均比熱(J/kg・℃) 0.46 0.56 0.88 0.38
平均熱膨張係数(0~100℃、×10-6/℃) 10.4 17.3 23.8 14.1~16.8
熱伝導率(100℃、×102W/m・℃) 0.261 0.162 1.95 3.76
縦弾性係数(N/mm2) 199,920 193,060 70,610 117,680~132,390
融点(℃) 1430~1510 1400~1450 593~649 1084
 
 岩崎商店(銅・黄銅) http://iwasaki1.com/sp/
 アルミ専門店 http://www.alumi-shop.com/sp/
 ステンレス材料のお店 http://stain-shop.com/


2015年1月10日

◆新年のご挨拶◆
2015年
ネットを通じ様々なお客様にご利用いただくようになり10年が過ぎました。
年々変化する中で、岩崎商店ができることをがんばって参りましたがまだまだ勉強不足な面がたくさんございます。
あと少し視野を広げ、柔軟性を持った岩崎商店に成長できるよう日々努力してまいります。
今年も沢山の皆様にご利用いただけることをお待ちしております。
今年もどうそよろしくお願い致します。

 
岩崎商店(銅・黄銅) http://iwasaki1.com/sp/
  アルミ専門店 http://www.alumi-shop.com/sp/
 ステンレス材料のお店 http://stain-shop.com/



2014年12月25日

◆年末年始のお知らせ◆
12月27日~1月4日迄冬季休暇を頂きます
1月5日より通常営業
メールでのお問い合わせはお受けしておりますが、対応及び回答は1月5日以降となりますので予めご了承下さい。
また、地方発送は12月26日までおこないますが、お送り場所によっては年明け1月5日以降の配達となります。ご注文いただく際には必ず納期をご確認下さい。
遠方(北海道・九州・沖縄等)のお客様は12月22日年内最終発送とさせていただきます。ご注意をお願い致します。

メインメニュー

板(プレート)

管(パイプ)

角棒・丸棒

型鋼・その他

Copyright © IWASAKI CORP